リフォーム 建て替え

リフォームと建て替えどっちがいいの?

リフォームしようか、建て替えしようか。
どっちがいいのか迷ってしまうことがありますよね。

 

築年数がまだ少なければリフォームしたほうがいいですが、築年数が30年を過ぎてくるといろいろなところが悪くなってきますのであっちもこっちも改修していかないといけなくなります。

 

 

築年数が30年を超えた場合、リフォームをするべきなのか、建て替えをするべきなのか、それとも家を売却してマンションなどに住むべきなのか。果たしてどっちがいいのか検証していきたいと思います。

 

 

 

築20年前後はリフォームしましょう!

 

築10年〜築25年くらいであればリフォームでおうちを綺麗にしたほうがいいですね。築10年くらいで外壁が傷んできたり設備が故障してきたりします。ですので一番初めのリフォームは築10年くらいにおこないましょう。

 

 

築20年になってくるといたるところが傷んできますし、設備が古くなり交換が必要になるところが増えてきます。しかし建て替えや家を売却するまでではないのでできるだけリフォームで抑えておきたいと思います。

 

 

築20年であればリフォームもそこまで高くなることはありません。塗り替えで済むことも多いですし、設備も1か所だけの交換で済む場合もあります。ですので築20年はリフォームを検討するようにするといいですね。

 

 

 

築20年 リフォーム費用の相場はこちら>>

 

 

 

 

築30年以降は建て替えおよび売却がおすすめ

 

 

築30年を超えてくるといたるところが傷んできて交換が必要になったり大規模改修が必要になることもあります。ですので築30年を超えてきたら建て替えか売却して別の場所に住むことも考えていきましょう。

 

 

 

リフォーム費用に莫大な金額を払うのであれば、家を売却してその資金で建て替えをおこなったり、別な場所に住むことを検討したほうがお金もかからず気軽に生活できるようになるかもしれません。

 

 

 

年を取ってくると家を所持してるには大変になってきます。リフォームをしないといけなくなったりしますし、税金もとられてしまいます。また2階建てであれば上り下りが大変になってくるのでバリアフリーのマンションに住むと気軽に生活できるようになります。

 

 

 

 

最近は高齢の方のマンション暮らしが多くなってきていますね。防犯もしっかりしていますし、すべてバリアフリーなので体に負担がなく生活することができます。

 

 

 

 

築30年以降の家であればリフォームではなく売却して建て替えかマンションに移り住むという選択肢がいいのかもしれませんね。

 

 

 

 

我が家を査定するのであればこちらがおすすめです。

 

 

不動産売却一括査定イエウール>>

 

 

 

イエウールは有名な不動産屋さん1300社以上から一括無料で査定してくれるサービスです。

 

 

 

 

素人がいろいろな不動産屋さんから見積もりしてもらうのはとても難しいですし、不動産屋さんも悪徳不動産会社もなかにはあります。ですので安く見積もられたり不利な契約をさせられることもあります。

 

 

 

 

家の売却は安心できる不動産屋にお願いしたほうがいいですし、いろいろなところで査定してもらったほうがいいですね。イエウールは無料で一括査定をしてくれるので安心です。

 

 

 

 

築30年前後でリフォームをお考えの方がいましたら家の査定も検討してみてください。無料で査定できますししつこい勧誘も一切ありません。

 

 

 

 

我が家が今いくらで売れるのか調べてみるだけでもいいと思います。意外と高い金額がついてびっくりするかもしれませんね。その費用で新しい家に住み替えも可能になるかもしれません。

 

 

 

 

ぜひ査定してみてくださいね。

 

 

不動産売却一括査定イエウール>>