リフォーム 見積もり 失敗

リフォーム見積もり前に考えるべき8つのポイントとは?

リフォームの見積もりを行なう前に
家族でリフォーム計画を話し合うことは非常に大事です。

 

 

 

それを怠り、いきなりリフォーム会社に見積もり依頼や相談をすると、
リフォームに失敗してしまう可能性も大きくなってきます。

 

 

 

失敗を回避するためにこのページでは、
見積もり前に考えるべき8つにポイントを解説していきたいと思います。

 

 

 

誰がリフォームをしたいの?

リフォームを考える際、誰がリフォームをしたいのかを明確にしましょう。

 

 

 

例えば、おばあちゃんがお風呂を入るのが大変だからリフォームをしたい場合、
しっかりとおばあちゃんの意見を聞くことが大事です。

 

 

 

リフォームしたい人が満足のいくかたちでなければ意味がありません。
ですので、リフォームしたい人の理想を聞きイメージしていきます。

 

 

 

また、その人の話だけでなく他の人の意見も取り入れることも大切です。

 

 

 

大事なのは、事前に家族と話し合うという事ですね。

 

どこをリフォームしたいの?

今回のリフォームではどこをリフォームしますか?
それを明確にしましょう。

 

 

 

1ヶ所リフォームすると、あそこも直したいここも直したいと
いろいろ理想が膨らんでしまいます。

 

 

 

しかし、一気に多くの事はできません。
「今回のリフォームはここだけ!」という事を心に入れておき見積もり依頼をしていきましょう。

 

 

 

この強い思いがないと、営業マンに勧められていろいろなところのリフォームに手を付けてしまう可能性もあるからです。

 

 

なぜリフォームが必要なの?

なぜリフォームが必要なのでしょうか?
「周りの家がリフォームをしたから?税金が上がるから?」

 

 

 

こういった理由だけでリフォームをするには少々危険があります。

 

 

 

「築10年になり外壁が傷みだしたから塗り替えをしよう。」
「お母さんが料理するのが大変そうだから、便利なシステムキッチンに入れ替えてあげよう。」

 

こういった明確な理由を持つことが大事です。

 

くれぐれも周りに流されないことが重要ですね。

 

 

どのようなリフォームをしたいの?

仕上がりのイメージはできていますか?
「こんなキッチンを入れたい!」「お風呂はこんなのがいい!」「このメーカーはどうだろうか?」「外壁の色はこんな色にしよう!」

 

リフォーム完了後のイメージを持つこともとても大事です。
行き当たりばったりで物事を決めるより、ある程度イメージを掴み進めていくことで失敗も軽減されるでしょう。

 

 

どのメーカー、建材でリフォームする?

リフォームを行なうにしても、メーカーは多数ありますし、グレードも様々です。
あまりにも多すぎるため「これだ!」と決めることは難しいと思いますが、

 

カタログやメーカーのホームページを見て下調べは重要になってきます。
事前の調査があとあと成功リフォームへとつながっていきます。

 

また、メーカーやグレードだけでなく、「こういった機能がほしい。」「耐久性は15年以上。」といった感じに
希望をリストアップしておくことで、リフォーム会社とスムーズに話し合いを進めることができ、
最善の提案をもらえることも多くなってきます。

 

 

予算はいくら?

ここは本当に大事なところですね。
予算内で行なえないリフォームはやってはいけないと思います。

 

予算をしっかり決め、その中で納まるリフォームを行ないましょう。

 

またこの予算をしっかり決めないでリフォーム会社に相談すると、
いつのまにか多額のリフォーム金額になってしまうこともあります。

 

「予算はここまで!」
という明確な考えを持つことで無駄なリフォームをしなくて済みます。
事前に予算を計算することは本当に大事な作業です。

 

 

工期はいつまで?

雪の降る地域では冬は外部のリフォームは基本できません。
特に外壁塗り替えは、冬場は仕上がりが悪く耐久性にも悪影響を及ぼします。

 

こういった事も考え、リフォームはいつするか、工事期間はどれくらいまでなのか。
事前に計画しておくことも大事になります。

 

もし大規模なリフォームでアパートを借りて住まないといけない場合、
その家賃代も計算に入れないといけません。

 

こういった時も工期がどれくらいなのか事前にチェックし、リフォーム会社とも相談する必要がありますね。

 

 

どこのリフォーム会社にお願いする?

リフォーム会社にもいろいろな種類の会社があります。

 

小規模のリフォームを得意としているリフォーム会社や、
増築など大規模リフォームを得意としている工務店、建設会社もあります。

 

また、壁紙を張り替えるだけなら直接その業者にお願いすることでコストダウンすることもできます。

 

自分がどういったリフォームを行ないたいかによって頼む会社も変わってきます。

 

自分のリフォームに合ったリフォーム会社を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

長々と説明させていただきましたが、
正直初めてのリフォームでここまで完璧に行なうことは難しいと思います。

 

完璧にしようと思ったら何も行動に出せなくなってしまいますね。

 

ですので、まずはリスクの少ない方法でリフォーム計画を組み立てていくのが良いでしょう。

 

 

リフォームで失敗しないための計画として私がオススメするのは、
ホームプロが提供している

 

「業者選びにはコツがある!成功リフォーム7つの法則」

 

という冊子から学び始めるのが最善だと思います。

 

ここでは一般に知られていない業者選びのコツリフォーム計画表も収められれています。

 

ここから事前にリフォームを学ぶことができれば、失敗は大きく回避できるはずです。

 

この冊子は、ホームプロで無料業者紹介を申し込むともらうことができます。

 

是非参考にしてみてください。

 

 

ホームプロの業者申し込み方は別のページで詳しく説明させていただきました。
是非そちらをご参照ください。

 

 

 

⇒⇒ホームプロに実際に見積もりを依頼してみました。